この記事をシェア

婚活で出会ったお相手の傷つけない断り方

こんにちは!
マユと学ぶ恋愛部@編集部です。

突然ですが、

「婚活で出会った相手を傷つけずに断りたい」
「メールで断るときはどんな文章にすればいい?」
「断ったら後で後悔するかも・・・」
「婚活で一度断った相手とやり直すことはできる?」

・・・なんて疑問やお悩みはありませんか?

そこで今回は、「婚活で出会ったお相手の傷つけない断り方」についてまとめてみました。

婚活で出会ったお相手の断り方、LINE(メール)で婚活のお相手を断るときの文例、断るかどうかの判断基準、婚活で一度断ってしまったお相手とやり直すことはできるのかという順番で解説していくので、ぜひ読み進めてみてください。

あなたがお悩みの場合はもちろん、同じように「婚活での断り方が知りたい!」という友達がいたら、ぜひこの記事を教えてあげてくださいね。

上原マユ_普通

それではまいりましょう〜!!

本サイトで登録の多いオススメの結婚相談所

【最安値】ゼクシィ縁結びカウンター

ブライダル業界トップのゼクシィがオープン

【顧客満足度No.1】パートナーエージェント

成婚率No.1の確かな実績

【まとめて比較】ズバット結婚サービス比較

結婚相談所最大10社の資料を無料で一度に請求可能

なるべく傷つけないように! 婚活で出会ったお相手の断り方6つ

婚活をしている以上、相手から断られることもあれば自分から断ることもあるでしょう。

「お断りすること=悪いこと」ではありません。たくさんの異性の中からたった1人の結婚相手を選ぶためには必要なことです。

しかし自分が断る立場になったとき、「相手を傷つけてしまうかも・・・」という思いからなかなか断ることができないという人もいます。

お断りされた側が傷つくのは当然のことですが、断り方によってはその傷が浅くもなったり深くもなったりするものです。

大切なのは、お相手との未来がないと判断したときは早めにお断りを入れること。そしてなるべく傷つけないよう誠実に対応することです。

ではお相手をなるべく傷つけないように断るにはどのようにしたら良いのでしょうか?

婚活で出会ったお相手の断り方は以下の6つです。

  1. 気に入らないところをわざわざ指摘しない
  2. 変に嘘をつかない
  3. お相手を否定しない
  4. 自分が悪いと伝える
  5. 曖昧な表現は避ける
  6. お相手の魅力を伝えた上で断る

できるだけお相手を傷つけないように断るにはどうしたら良いのか、一つひとつ詳しく見ていきましょう!

1. 気に入らないところをわざわざ指摘しない

婚活で出会ったお相手にお断りするときには、気に入らないところをわざわざ指摘しないようにしましょう。

婚活で出会ったお相手の断り方1

たとえば「顔が気に入らないから」「性格が気に入らないから」「喋り方やしぐさが好きになれないから」などが本当の理由だったとしても、それをそのまま伝える必要はありません

本当の理由を伝えられればお相手は傷ついてしまいます。わざわざ指摘しないようにしましょう。

「ご縁がなかったということで申し訳ありません」などと伝えて断れば、お相手もわかってくれます。

2. 変に嘘をつかない

婚活で出会ったお相手にお断りするときには、変に嘘をつかないことも大切です。

婚活で出会ったお相手の断り方2

断る理由をオブラートに包むことはいいのですが、「引っ越しすることになりました」「転勤が決まりました」「他の人との結婚が決まりました」など全くの嘘はつかないようにしましょう。

婚活を続ける上で、お相手に嘘がバレてしまうこともありえます。

嘘をつかれていたと知ったら、お相手はそのときに余計傷ついてしまいます。

お断りする理由を詳細に伝える必要はありませんが、嘘をつかず誠実に接するようにしましょう。

3. お相手を否定しない

婚活で出会ったお相手にお断りするときには、お相手を否定しないということも大切です。

婚活で出会ったお相手の断り方3

お断りする理由としてお相手の悪いところを責めたり指摘したりしても、傷つけてしまうだけ。

あなたにとってお相手が気に入らなかっただけで、他の人とであればうまくいくこともあります。

それなのにお相手を否定してしまったら、お相手は自信をなくしてしまい、婚活が嫌になってしまうかもしれません。

お断りするときにはお相手を否定するのではなく、お相手を立てることを意識しましょう。

4. 自分が悪いと伝える

婚活で出会ったお相手にお断りするときには、自分が悪いということを伝えるようにしましょう。

婚活で出会ったお相手の断り方4

「たくさん考えた結果、どうしてもお友達以上に見ることができません。私が未熟なばかりに申し訳ありません」「私のワガママで申し訳ありません」など、自分に責任があるという趣旨でお断りします。

「自分が悪い」と言われてしまえば、お相手もそれ以上どうしようもないですし、すんなり受け入れてくれるでしょう。

5. 曖昧な表現は避ける

婚活で出会ったお相手にお断りするときには、曖昧な表現は避けることも大切です。

婚活で出会ったお相手の断り方5

傷つけないようにしようと思いオブラートに包みすぎて何を伝えたいのかわからなくなったり、お相手にお断りしていることがハッキリ伝わらなかったりすると、関係がズルズル長引いてしまいかねません。

その気がないのに関係が長引いてしまえば、お互いに時間の無駄ですし、お相手にも失礼です。

今後はもう会えないこと、連絡をとらないことがハッキリ伝わる表現をしましょう

やわらかい表現でもお断りしていることがハッキリ伝わるようにすることが大事です。

6. お相手の魅力を伝えた上で断る

婚活で出会ったお相手にお断りするときには、お相手の魅力を伝えた上で断ることも有効。

婚活で出会ったお相手の断り方6

お相手の良い部分や魅力的な部分を褒め、それを踏まえた上で自分にはもったいないということを伝えてお断りするという方法です。

「〇〇さんほど素敵な人は自分にはもったいない」「〇〇さんは魅力的で自分とは釣り合わない」「〇〇さんには自分よりもっと合う人がいる」といったことを伝えます。

相手を持ち上げて自分を卑下する断り方であれば、相手の自尊心を傷つけることがありません。

ただしやりすぎは禁物。嫌味に聞こえてしまう恐れもあるので、ほどほどにしましょう。

状況別・会った回数別! LINE(メール)で婚活のお相手を断るときの文例

婚活で知り合ったお相手にお断りの連絡をする場合、LINE(メール)を使った連絡がおすすめです。

正式に交際していた相手であれば直接会って伝えるのが筋と言うものですが、まだ正式な交際が始まる前の段階であればLINE(メール)で大丈夫

これから関係を絶つことになる相手に、わざわざお断りの連絡をするために直接会う必要はありません。直接会うことによってお断りできなくなってしまう可能性もあります。

LINE(メール)で婚活のお相手を断る・・・

手紙もいいですが、正式な交際をする前の相手に手紙を送るというのは仰々しく感じます。

電話では言葉がうまく整理できずに思っていることがうまく伝わらなかったり、相手を傷つけてしまったりする可能性もあります。

とは言えLINE(メール)では失礼なのでは・・・という方もいるでしょう。相手によっては「そんな大切な話をLINE(メール)で済ませるなんて・・・」と傷つく方もいるかもしれません。

そういった場合には、「大切なお話をLINE(メール)でする失礼をお許しください」など冒頭にLINE(メール)でお断りすることを謝罪する一文を入れておきましょう

実際にLINE(メール)でお断りするときにはどのような文章を送ればいいのか、状況別に例文をご紹介します。

会う前にLINE(メール)でお相手を断るときの文例

婚活サイトや恋活アプリなどを利用して知り合ったお相手としばらくLINE(メール)のやりとりをした結果、「この人とは会うまでもないな」「この人とは合わなそうだな」と感じることもあるでしょう。

そんなときにお相手から初デートに誘われた場合、どのようにお断りしたらいいのでしょうか?

まだ一度も会っていない段階なので、お断りの文章は簡潔でOKです。例文を見てみましょう。

【文例1】
お誘いいただき、ありがとうございます。
大変嬉しいのですが、他に気になる人ができたため、お会いすることができません。
このままメッセージのやりとりを続けるのも失礼になってしまうため、LINE(メール)もこれで最後となりますが、お許しください。
これまで楽しい時間をありがとうございました。

「他に気になる人ができた」というのは婚活ではよく使われるお断りの言葉。お相手も納得せざるを得ません。

会う前の段階であればこれくらい簡潔にキッパリと断ってしまっても問題ないですが、「もう少し丁寧に伝えたい」という場合には、以下の文例を参考にしてみてください。

【文例2】
お誘いいただき、ありがとうございます。
〇〇さんとメッセージのやりとりを始めてもうすぐ1ヶ月、とても楽しい時間を過ごすことができました。
〇〇さんはとても魅力的で尊敬しているのですが、結婚観や人生観についてのお話を伺っている中で、私では役不足だなと感じました。
今回お誘いいただけたことは大変嬉しいのですが、お断りさせてください。
これまでお忙しい中で私とやりとりするための時間を作っていただき、誠にありがとうございました。
〇〇さんが素敵なお相手と出会えることを、心から願っています。

1回会った後にLINE(メール)でお相手を断るときの文例

1回でも実際に会ったお相手を断るには、メッセージのやりとりだけのときよりも罪悪感を感じてしまうものです。

ただ1回会っただけではまだお相手のことがよくわからないと思います。そのため「ちょっと違うな」と感じても、もう一度くらい会ってみても良いでしょう。

しかし直接会ったことにより「この人とこれ以上発展することはないな」という気持ちが明確になったのであれば、躊躇せず早めにお断りの連絡をしましょう。

1回会ったお相手を断るときには、実際に会えたことに対する感謝を伝えながらハッキリ断ることがポイントです。例文を見てみましょう。

【文例】
本日はお忙しい中、私と会う時間を作ってくださり、ありがとうございました。
実際にお会いしていろいろなお話をすることができ、とても楽しい時間が過ごせました。
しかし実際にお会いして〇〇さんの結婚観や人生観についてのお話を伺った結果、私の考え方とは開きがあるなと感じて不安になってしまいました。
私が至らないばかりに申し訳ありません。
〇〇さんは素敵な方ですが、今回はご縁がなかったということでお許しください。
せっかくお時間を作っていただいたのに、このような結果になってしまって申し訳ありません。
〇〇さんが今後、良いご縁と巡り合えることを心より願っています。

数回会った後にLINE(メール)でお相手を断るときの文例

複数回会っていた場合、お相手も交際や結婚を視野に入れていた可能性がありますから、断るには勇気がいるものです。

しかし断りにくいからと言って先延ばしにしたりいきなり音信不通にしたりするのはNG。

何度か会った中で出した結論ですから、お相手に失礼のないように誠意をもって伝える必要があります。

数回会ったお相手を断るときには、お相手の魅力やこれまで過ごした時間に対する感謝の気持ち、謝罪の気持ちを丁寧に伝えるのがポイントです。例文を見てみましょう。

【文例】
いつもお忙しい中でデートの時間を作っていただきありがとうございます。
〇〇さんとお会いするたびに新しい世界に触れることができ、とても良い刺激になりました。
勉強になることも多く、楽しい時間を過ごせたことに感謝しています。

ただ結婚観や将来について二人で語り合う中で、だんだんと価値観のズレを感じるようになりました。
お友達としてであれば価値観のズレも刺激として楽しむことができますが、結婚して夫婦としての関係を築いていくことはどうしてもイメージできませんでした。

価値観のズレも受け入れて高め合っていける関係が築ければよいのですが、今回はご縁がなかったということで、どうかお許しください。
私が至らないばかりに申し訳ありません。

本来であれば直接お会いしてお伝えしなければならなかったのですが、顔を見てしまうと言葉がうまく出て来なくなってしまう気がしたため、メールでのご連絡となってしまった失礼をお詫びします。

〇〇さんと出会わなければ知らなかった新しい世界に触れられた経験は、私にとってかけがえのない思い出です。
〇〇さんの気遣いや優しさにいつも心が温かくなりました。本当に感謝しています。

これからは別々の道を歩むことになりますが、これから〇〇さんに素敵な出会いがありますことを心より願っています。

ありがとうございました。

後悔しないように! 断るかどうかの判断基準

婚活も一期一会。「ちょっと違うな」「スペックが足りない」などと言ってどんどんお相手を切り捨てていき、後で「あ~、やっぱりあの人が良かった!」と思っても遅いのです。

「タイムリミットがあるから」と焦ってしまう気持ちもわかりますが、後悔しないために、お相手をお断りするかどうかの判断は慎重に行うようにしましょう。

婚活で断るかどうかの判断基準

1回会っただけで「お断り」の判断をするのは早すぎます。初めて対面したときには緊張して自分がうまく出せていない可能性もありますから、最低でも2回は直接会ってみることを心がけましょう。

またスペックだけでお相手を見るのは損。じっくり会話して、お相手の内面を知ることが大切です。

希望する条件に達していなくても、それに勝るほどの魅力が発見できるかもしれません。

お相手を断るかどうか迷ったときには、判断基準として以下の13項目でお相手に当てはまるものがあるかどうかチェックしてみるのもおすすめです。

  1. 一緒にいて居心地がいい
  2. 結婚生活・未来予想図がしっかり描ける
  3. 特別に目立った短所がない
  4. 直感で「この人!」と思える
  5. 自分の人生に相手が必要だと思える
  6. 相手の精神的な支えになりたいと思える
  7. 金銭感覚・価値観が合う
  8. 経済面で不安がない
  9. 容姿が苦手ではない
  10. 寛容で優しい
  11. 責任感がある
  12. 家庭的である
  13. 自分を大切に思ってくれている

婚活中の女性に多いのが、「一緒にいても相手にドキドキするような恋愛感情が抱けない」というもの。

しかし結婚と恋愛は別物です。結婚生活はドキドキするような刺激よりも一緒にいて「落ち着く」「安心する」「居心地がいい」という安定感があったほうがうまくいきます。

「ときめきは感じないけど、この人と一緒にいるとなんか落ち着く。無理しなくていいから楽」「この人は恋人としては物足りないけど、将来は良いパパになりそうだなぁ」なんて思えるお相手はいませんか?

そんなお相手をお断りしてしまったら、後々後悔するかもしれません。

「生理的に無理!」という部分がなく、いい人なんだけどどうも決め手に欠ける・・・というお相手がいたら、これらの項目をチェックしてみましょう。

下記の記事では婚活中に出会った相手との結婚を考えるときの決め手・判断基準についてさらに詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

みんなの決め手は? 婚活して結婚するときの決め手・判断基準13つ

婚活で一度断ってしまったお相手とやり直すことはできる?

「この人とは絶対に無理!」と思ってお断りしたのではなく迷いながらもお断りしてしまった場合、後々「やっぱりあの人とやり直したい」と思うこともあるかもしれません。

そんなときにまたお相手とやり直すことはできるのでしょうか?

婚活で一度断ってしまったお相手とやり直せる?

「お断りしたことを謝って、どうしてもやり直したい」「一度は断ってしまったけれどどうしても忘れられない」という場合は、もう一度連絡をとってみるのもアリです。

ただし次の3つの覚悟をする必要があります。

  • お相手がもう新しい恋を始めている可能性がある
  • 「今さらどうして」と責められてしまう可能性もある
  • 次は自分から断ることが簡単にはできない

婚活ではスピード感が大切。一度終わった人にいつまでも未練を残しているわけにはいきません。

お断りされればすぐに新たなお相手を探し、新たな気持ちで次へ進んでいる可能性が高いです。

そのためあなたがお断りしたお相手も、すでに新しいお相手を見つけている可能性もあります

また一度断ってきた相手から「もう一度やり直したい」と言われても、人によっては「今さら都合が良すぎる」と嫌悪感を抱くこともあるでしょう。

さらにもう一度やり直せたとしても、次はそう簡単にお相手にお断りすることができなくなるということを心得ておく必要もあります。

一度お断りしたのに「もう一度やり直したい」と言い、その後また会って話してみて「やっぱりダメだからお断りします」ではお相手に失礼すぎます。

そういった状況や感情を受け止める覚悟があるのか、よく考えてみましょう。

よく考えてみた結果、それでも覚悟を決めて「もう一度やり直したい」と思うのであれば、一度お断りしてしまったことを謝罪し、できればもう一度やり直したいことを伝えてください

そのときに一度お断りした理由を伝える必要はありません。なぜもう一度やり直したいと思ったのか、お相手の忘れられない点や魅力を伝えるだけで大丈夫です。

もしやり直せることになったら、誠実に誠意をもって接するようにしましょう。

まとめ

「婚活での断り方が知りたい!」という方のために、婚活で出会ったお相手の断り方、LINE(メール)で婚活のお相手を断るときの文例をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

婚活では断るのも断られるのも日常茶飯事のことですが、お互いに前向きな気持ちで婚活ができるよう、断る際にはマナーを守って誠実な対応をすることが大切になります。

お相手の気持ちを考えて誠実な対応ができる人は、その人柄も婚活に活きてくるものです。

あなたが婚活で素敵なお相手と巡り合えますように!

結婚相談所に登録してみましょう!

「本気で結婚したい」「婚活パーティーではうまくいかなかった」「仲人のサポートが欲しい」というときは、ゼクシィ縁結びカウンターパートナーエージェントなどの結婚相談所がおすすめです。以下の記事で当サイトおすすめの結婚相談所を“7つ”厳選してご紹介していますので、ぜひ結婚相談所選びの参考にしてください。

“結婚相談所”比較ランキング

結婚相談所比較ランキングTOP7! 料金・費用、成婚率や口コミを徹底調査

恋活アプリを活用してみましょう!

「出会いを増やしたい」「恋人が欲しい」「恋をしたい」というときは、Yahoo!パートナーOmiaipairsタップル誕生(いずれも女性無料)などの恋活マッチングアプリがおすすめです。以下の記事で当サイトおすすめの恋活アプリを“7つ”厳選してご紹介していますので、ぜひ恋活アプリ選びの参考にしてください。

安全に出会えるおすすめ恋活アプリまとめ

サクラなし! 安全に出会えるおすすめ恋活アプリを7つ厳選【比較表付き】

「結婚したい」という方におすすめの記事

「結婚したいけど彼氏がいない」「結婚したいときはどうすればいい?」という方のために、パートナーを見つける方法を以下の記事で徹底解説しています。ぜひ参考にしてくださいね!

結婚したい・・・♡

「結婚したい」けど彼氏いない・出会いがない女性へ! 男性が結婚したいと思う女性の特徴とパートナーを見つける方法

この記事を書いた人

マユと学ぶ恋愛部@編集部
恋愛メディアの運営に10年以上携わってきた編集チームが再集結。これまでにチームで制作してきた恋愛関連の記事は1万件以上。培ってきた恋愛や記事制作のノウハウを活かし、みなさまの「判断の基準」となりえる信頼性のある情報提供を目指していきます。サイト運営に対する想いはこちら

Twitter
Facebook

婚活