こんにちは!
好きな食べ物は豆大福、上原マユです。

今回は、ドイツの著述家、エッセイスト、ルー・アンドレアス・ザロメの恋愛名言をまとめてみました。

偉人・著名人の言葉から、恋愛について学んでいきましょう!

上原マユ

それではまいります!!

ルー・アンドレアス・ザロメについて

ルー・アンドレアス・ザロメ
出典:ルー・アンドレアス・ザロメ – Wikipedia

ルー・アンドレアス・ザロメ(Lou Andreas-Salomé)は、ドイツの著述家、エッセイストです。尿毒症により、満75歳で人生の幕を閉じました(1861年2月12日〜1937年2月5日)。

フリードリヒ・ニーチェから求婚されたこともあるが、彼女は断っています。ニーチェの『ツァラトゥストラはかく語りき』は彼女がインスピレーションになっていると言われています。

ザロメは「知的な魔性の女」としてニーチェ以外にもライナー・マリア・リルケなど、多くの男性を魅了していたようです。

ルー・アンドレアス・ザロメの恋愛名言

愛されなかったということは生きなかったことと同義である。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

ぜひあなたにピッタリのお気に入りの恋愛名言が見つけてくださいね♪