この記事をシェア

こんにちは!
マユと学ぶ恋愛部@編集部です。

今回はドイツの哲学者、古典文献学者、“フリードリヒ・ニーチェ”の恋愛名言をまとめてみました。

偉人・著名人の言葉から恋愛について学んでいきます。

上原マユ_普通

それではまいりましょう〜!!

本サイトで登録の多いオススメの恋活アプリ

【安心】
Yahoo!パートナー(女性無料!)

安心のYahoo!運営

【元祖】
Omiai(女性無料!)

日本で最初に誕生した”元祖”Facebook恋活アプリ

【会員数No.1】
pairs(女性無料!)

会員数・マッチング数ともに国内最大級

【若者向け】
タップル誕生(女性無料!)

10代〜20代の男女におすすめ

フリードリヒ・ニーチェについて

フリードリヒ・ニーチェ
出典:フリードリヒ・ニーチェ – Wikipedia

フリードリヒ・ニーチェ(独:Friedrich Wilhelm Nietzsche)は、ドイツの哲学者、古典文献学者です。満55歳で人生の幕を閉じました(1844年10月15日〜1900年8月25日)。

ニーチェの哲学はそれ以後の哲学者、思想家たちに多大な影響を与えました。

代表作は、『ツァラトゥストラはかく語りき』『悦ばしき知識』など。

フリードリヒ・ニーチェの恋愛名言

自己侮蔑という男子の病気には、賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。

男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。

結婚は、多くの短い愚行を終わらせる。一つの長い愚鈍として。

夫婦生活は長い会話である。

愛されたいという要求は、自惚れの最たるものである。

結婚するときはこう自問せよ。「年をとってもこの相手と会話ができるだろうか」そのほかは年月がたてばいずれ変化することだ。

人間は恋をしている時には、他のいかなる時よりも、じっとよく耐える。つまり、すべてのことを甘受するのである。

男は「これぞ、と感じる女を奪ってやれ」と思う。女は奪わず、そっと盗む。

どちらも相手を通して、自分個人の目標を何か達成しようとするような夫婦関係はうまくいく。例えば妻が夫によって有名になろうとし、夫が妻を通して愛されようとするような場合である。

愛せなければ通過せよ。

「女そのもの」というタイプの女性は、愛するときはいつも相手をずたずたにする。

愛の終わりはいつも善悪を越えたところで起こる。

男の幸せは「われ欲す」、女の幸せは「彼欲す」ということである。

恋愛感情の中には、いつも若干の狂気が潜んでいる。とは言っても、狂気の中にもまた、いつも若干の理性が潜んでいるものである。

愛が恐れているのは、愛の破滅よりも、むしろ、愛の変化である。

結婚とは、幻想を父とし、必要性を母として生まれるものである。

人は常に前へだけは進めない。引き潮あり、差し潮がある。

人が意見に反対するときはだいたいその伝え方が気に食わないときである。

自分について多くを語ることは、自分を隠す一つの手段となり得る。

過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。

目的を忘れることは、愚かな人間にもっともありがちなことだ。

他の人に懺悔してしまうと、当人は自己の罪は忘れるが、たいてい相手の人はそれを忘れない。

人生に対してもっと大きい信頼を寄せているなら、おまえたちはこれほど瞬間に身を委ねることもないだろうに。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

ぜひあなたにピッタリのお気に入りの恋愛名言が見つけてくださいね♪

「恋人が欲しい」「恋愛がしたい」「でも出会いがない」というときは、Yahoo!パートナーOmiaipairsタップル誕生など(いずれも女性無料)の恋活アプリの利用もおすすめです。ぜひ以下の記事も合わせて参考にしてみてください。

安全に出会えるおすすめ恋活アプリまとめ

サクラなし! 安全に出会えるおすすめ恋活アプリを7つ厳選【比較表付き】

この記事を書いた人

マユと学ぶ恋愛部@編集部
恋愛メディアの運営に10年以上携わってきた編集チームが再集結。これまでにチームで制作してきた恋愛関連の記事は1万件以上。培ってきた恋愛や記事制作のノウハウを活かし、みなさまの「判断の基準」となりえる信頼性のある情報提供を目指していきます。サイト運営に対する想いはこちら

Twitter
Facebook

恋愛名言