この記事をシェア

1年以内に結婚する方法

こんにちは!
マユと学ぶ恋愛部@編集部です。

「これからいい人と出会って1年以内にスピード婚がしたい」
「付き合い始めたばかりの彼氏と1年以内に結婚したい・・・」

そんな「1年以内に結婚したいあなた」に朗報です。

1年以内に結婚することはけして難しいことではありません。ルールを守って実践できれば実現可能です。

そこで今回は、「1年以内に結婚するための心構え&方法」をご紹介します。

また今回は「恋愛アドバイザー」「日本合コン協会会長」の田中絵音さんに記事の監修をしていただきました。

この記事を監修してくれた専門家

田中絵音/恋愛アドバイザー、日本合コン協会会長
タレント時代より累計2000回以上の合コンに携わり、2012年5月8日“コンパの日”に一般社団法人日本合コン協会を設立。合コンイベントや商品のプロデュース、合コンマスター認定講座などを手掛ける。また男女の恋愛心理に精通する恋愛アドバイザーとして、著書やメディア出演も多数。プライベートでは、自身も合コンで出会った男性と結婚し一児の母。ママ会団体「東京ママパーティー」の主宰もしている。
上原マユ_普通

それではまいりましょう〜!!

本サイトで登録の多いオススメの結婚相談所

【最安値】
ゼクシィ縁結びカウンター

ブライダル業界トップのゼクシィがオープン

【顧客満足度No.1】
パートナーエージェント

成婚率No.1の確かな実績

【まとめて比較】
ズバット結婚サービス比較

結婚相談所最大10社の資料を無料で一度に請求可能

男性が「結婚したい」と感じる瞬間は?

まずはどんなときに男性が「結婚したい」と感じるのかを確認しましょう

男性が「結婚したい」と感じるのは以下7つのシチュエーションです。

  1. 結婚式に参列したとき
  2. 幸せそうな子連れ家族を見たとき
  3. 彼女の家庭的なところを感じたとき
  4. 仕事が安定してきたとき
  5. 結婚に焦りを感じたとき
  6. 気持ちが弱っているとき
  7. 「生涯一緒にいたい」「幸せにしてあげたい」と思ったとき

※『彼氏が「彼女と結婚したい」と思うきっかけは?』より抜粋

男性が「結婚したい」と感じる瞬間は?

「1. 結婚式に参列したとき」というのは、友達や知人の結婚式に参列して幸せそうな姿を見たとき、「自分も結婚したい」と感じるようです。

「2. 幸せそうな子連れ家族を見たとき」は、外出先などで幸せそうにしている親子を見たときに「自分も子どもが欲しいな」「幸せな家族を築きたいな」と感じているということ。

他人の幸せそうな姿から「自分も結婚したい」と思うあたりは女性にも当てはまりますよね。

「3. 彼女の家庭的なところを感じたとき」というのは、彼女が手料理をササっと作ってくれたり手早く家事を済ませてくれたりしたときや、彼女の優しさ・温かさを感じたときなどのことを指します。

「4. 仕事が安定してきたとき」は男性特有とも言えるかもしれません。

仕事が波に乗っているときや職場でやりがいのある仕事と出会えたとき、将来への見通しが立ったときなどに「これなら幸せな家族を築いていける」「家族を養っていける」と自信がつき、結婚を意識するようです。

「5. 結婚に焦りを感じたとき」というのは女性にも身に覚えがあるかもしれませんが、周りの友達がどんどん結婚していってしまったとき、家族や友人などから結婚を急かされたときなどのこと。

「6. 気持ちが弱っているとき」は仕事で挫折したり病気やケガをしたりして気持ちが弱っているときのことです。

自分が弱っているときに誰かに頼りたくなる気持ちは女性もよくわかりますよね。

「7. “生涯一緒にいたい”“幸せにしてあげたい”と思ったとき」というのは、彼女と過ごす中で感じること。

男性が結婚を決意するときには、誰もが少なからずこの気持ちを彼女に対して抱いているのではないでしょうか。

こうして見てみると男性が「結婚したい」と思うのは何も特別なことが起こったときというわけでもなく、日々の生活の中で起きる自然な気持ちと言えそうです。

1年以内に結婚するための心構え&方法11つ

どのような方法を取れば1年以内に結婚することができるのでしょうか?

1年以内に結婚するための心構え&方法は以下の11パターンあります。

  1. 結婚相手に望む条件を明確にする
  2. 結婚相手の許容範囲を広げる
  3. いい男性がいたらすぐにアプローチする
  4. 真剣に結婚を考えている男性以外とは付き合わない
  5. ときには複数の男性と同時進行も必要
  6. 出会いを増やす
  7. 出会いの形にはこだわらない
  8. 結婚相談所に入会する
  9. 恋活アプリ・婚活サイトを使う
  10. 婚活パーティーに参加する
  11. ダメだと思ったらすぐに見切りをつける

この11つのルールを心得て実践していくことが大切です。

スピーディーな結婚を実現するために一つひとつ詳しく見ていきましょう!

1. 結婚相手に望む条件を明確にする

1年以内に結婚するためにまずやっておきたいことが、結婚相手に望む条件を明確にするということです。

「いい人」「イケメン」「優しい人」など漠然とした条件ではなく、もっと具体的な評価基準になるような条件にしましょう。

紙に自分が望む相手の条件をすべて書き出してみて、そこに優先順位をつけてみてください。

1年以内に結婚するためには結婚相手に望む条件を明確にすること

相手に希望する条件を明確にすることで結婚相手を選ぶ際の基準がハッキリし、迷いがなくなるのです。

漠然とした条件のまま結婚相手を探すと、「いいな」と思える人と出会っても「もっといい人がいるかも」と思ってしまったり、ちょっとした欠点でも気になってしまって結婚相手から除外してしまったりしてなかなか「この人!」と思える人に出会うことができなくなります

「この条件を満たす人!」という基準を明確にすることは、結婚相手を見つける重要なポイントとなるのです。

2. 結婚相手の許容範囲を広げる

1年以内に結婚するためには、結婚相手の許容範囲を広げることも大切です。

1年以内に結婚するためには結婚相手の許容範囲を広げること

誰しも結婚相手に理想を持っていると思いますが、その理想が高すぎるといつまでも結婚相手と巡り合えません。

「1. 結婚相手に望む条件を明確にする」で結婚相手の条件を明確にしてもその条件が多すぎるとなかなか条件に合う人と出会うことができず、結婚も遠のいてしまいます。

「どうしてもこれだけは譲れない」という条件は3つ程度に絞り許容範囲を広げることで、より多くの男性の中から結婚相手を選ぶことができるようになるのです。

3. いい男性がいたらすぐにアプローチする

いい男性がいたらすぐにアプローチするというのも1年以内に結婚するためには必要なこと。

男性からのアプローチやデートの誘いを待っていたら、1年で結婚することは叶いません。

1年以内に結婚するためには悠長に構えている時間はありません

1年以内に結婚するためにはいい男性がいたらすぐにアプローチすること

結婚相手としていいなと思える男性と出会ったら、一気に距離を縮めましょう。

自分から積極的にデートに誘い、交際がスタートしたら同棲するなど関係を深めていくことが大切です。

関係が深まったところで自分から結婚の話をするなど男性に結婚を意識させていきましょう。

4. 真剣に結婚を考えている男性以外とは付き合わない

真剣に結婚を考えている男性以外とは付き合わないということも、1年以内に結婚するためには大切なことです。

恋愛がしたいだけの男性と付き合っても時間が無駄になってしまいます

1年以内に結婚するためには真剣に結婚を考えている男性以外とは付き合わないこと

「いつか結婚する」と言われて何年もダラダラ付き合い続けている・・・なんてことにならないよう、最初から「早く結婚したい」という意思を持っている男性に絞って結婚前提での交際をしましょう

付き合う際は必ず、男性が結婚に対して真剣に考えているかどうかをしっかり見極めてください。

5. ときには複数の男性と同時進行も必要

1年以内で結婚するためには、ときには複数の男性と同時進行も必要だという心構えも必要です。

1年以内に結婚するためには複数の男性と同時進行させること

一人の人と誠実なお付き合いをすることは男女問わず大事なこと

しかし婚活においては最初から一人に絞ってしまうというのは効率が悪すぎます

仮に一人に絞って関係を深めていこうとすると、ダメになったときにまた別の人を探してイチからやり直しになってしまうのです。

そうなると時間のムダ。とても1年以内で結婚するなんてことはできなくなってしまいます。

婚活では複数の人と同時進行で連絡を取ったりデートしたりするのは当たり前

相手も複数の人と同時進行している可能性は高いので後ろめたいと思う必要はありません。

さすがに何人かと同時進行で交際するのはいけませんが、付き合う前の段階であれば健全なキープはOK!

この人がダメならその人、その人がダメならあの人というように何人かの男性をキープしておきましょう。

6. 出会いを増やす

1年以内に結婚するためには、当然ですが出会いを増やす必要もあります。

出会いがなければ何も始まりませんから、とにかく出会いの場へ積極的に足を運びましょう

出会いの機会を増やせば選択肢が広がり、より結婚のチャンスが巡ってきます。

1年以内に結婚するためには出会いを増やすこと

しかしやみくもに出会いを求めても意味がありません。

大事なのは出会う人の質。結婚前提でお付き合いができる男性との出会いを増やすことが大切です

結婚を意識している人が集まる婚活イベントなどに参加し、効率よく男性との出会いを増やしていきましょう。

具体的な出会いの場が知りたいという方は、下記の記事で社会人のための出会いの増やし方をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「出会いがない!」そんな社会人が真面目な出会いを増やす方法13選

7. 出会いの形にはこだわらない

1年以内に結婚したいのであれば、出会いの形にはこだわらないことも必要になります。

1年以内に結婚するためには出会いの形にはこだわらないこと

よく「いい出会いがない」と嘆いている人がいますが、そういう人に限って自然な出会いにこだわっていることが多いのです。

「いつか結婚できればいいな」くらいにのんびり構えている場合ならともかく、1年というタイムリミットがある中で出会いを求める場合には、合コンや婚活の場などでの出会いも視野に入れる必要があります

自然な出会いにこだわっている限りは結婚が遅れるだけと心得て、出会いの形にこだわらず積極的に出会いの場へ足を運ぶことが大切です。

8. 結婚相談所に入会する

結婚相談所に入会するという方法も1年以内に結婚するためには有効です。

時間が限られている中で効率よく相手を探したい、結婚まで最短でたどり着きたいという人にとって、結婚相談所への入会はマストと言ってもいいでしょう

1年以内に結婚するためは結婚相談所に入会すること

結婚相談所では自分の希望に合った人を紹介してくれますし、入会している人はみんな結婚前提でのお付き合いを望んでいる人たちですから、お互いに気に入れば結婚までの道のりが最短で済みます。

しかも一人では不安や悩みも多くなる婚活ですが、結婚相談所であればプロのカウンセラーがしっかり相談に乗ってアドバイスしてくれるので心強いです。

万全のフォロー体制であなたの婚活をサポートしてくれるでしょう。

結婚相談所と一口に言ってもさまざまな結婚相談所がありますので、サービス内容や料金などを比較して自分に合ったところを見つけましょう。

下記記事ではゼクシィ縁結びカウンターパートナーエージェントなど複数の結婚相談所を徹底比較してランキングにしているので、迷ったときの参考にしてみてください。

結婚相談所比較ランキングTOP7! 料金・費用、成婚率や口コミを徹底調査

9. 恋活アプリ・婚活サイトを使う

1年以内に結婚したいのであれば、恋活アプリ・婚活サイトを使うというのも有効です。

1年以内に結婚するためには恋活アプリ・婚活サイトを使うこと

恋活アプリはネット上で異性との出会いをマッチングするサービス。

恋愛から始めたいという場合や気軽に出会いを探したい人にオススメです。

会員数の多さや安全面などから信頼できる恋活アプリを利用すれば、効率よく希望に合った男性との出会いが見つかります。

一方、婚活サイトは結婚を考えている男女の出会いをネット上でマッチングするサービスです。

結婚を真剣に考えている人が利用しているため、結婚前提でのお付き合いを目的とした男性と効率よく出会うことができます

どちらも家にいながら空いた時間で相手を探すことができるので、忙しい人にも安心です。

下記の記事ではそれぞれおすすめの恋活アプリとおすすめの婚活サイトを詳しくご紹介していますので、迷った際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

Yahoo!パートナーOmiaipairsタップル誕生など(いずれも女性無料)の恋活アプリについては以下の記事をご参照ください。

サクラなし! 安全に出会えるおすすめ恋活アプリを7つ厳選【比較表付き】

ゼクシィ縁結びなどの婚活サイトについては以下の記事でご紹介しています。

ネット婚活のおすすめ厳選4つ! 婚活サイトランキング【比較表付き】

10. 婚活パーティーに参加する

婚活パーティーに参加するというのも、1年以内の結婚を目指すのであれば有効な方法です。

1年以内に結婚するためには婚活パーティーに参加すること

婚活パーティーは「結婚したい」という男女が一堂に集まり、食事とともにコミュニケーションを楽しみながらいい出会いを探す場。

対面で会話しながら相手を見極めることができる点と、一度にたくさんの男性と出会える点が特徴でありメリットです。

ほとんどの婚活パーティーではその場でカップル成立となることが多いので、早く結果を出したい方にも向いています。

下記の記事では、おすすめの婚活パーティーを比較しながらランキング形式でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

厳選5社を比較! おすすめ婚活パーティーランキング【2018年】

11. ダメだと思ったらすぐに見切りをつける

1年以内に結婚するためには、ダメだと思ったらすぐに見切りをつけるということも大切です。

結婚の見込みがない男性やなかなか振り向いてくれない男性、ハッキリしない男性とズルズル付き合うのは時間の無駄。

「この人はダメだ」と思ったらすぐに気持ちを切り替えて別の人にいきましょう

デートをしたときに「合わないな」と感じたらその時点で見切りをつけること。何度も繰り返し会っても仕方ありません。

失恋した場合でもその気持ちを引きずり続けないこと。次の出会いへ向けてどんどん行動していきましょう。

1年以内に結婚するためはダメだと思ったらすぐに見切りをつけること

注意点は、深い関係を持つことには慎重になるべきということです。

深い関係を持ってしまうと、情が移ったり簡単に見切りをつけられなくなったりして判断がにぶってしまう可能性が高いから。

付き合う前、深い関係を持つ前に「この男性との結婚は考えられるかどうか」を判断するようにしましょう。

まとめ

「1年以内に結婚したい」という方のために1年以内に結婚するための心構え&方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

改めるべきことがあればすぐに改め、1年以内の結婚へ向けて積極的に行動していきましょう。悩んでいる暇はありません!

あなたが1年以内に素敵な男性と結婚できますように!

上原マユ_普通

結婚の見込みがない男性はスパっと見切りをつけるのが大事ですね!!

長谷川まどか_普通

1年以内に結婚したいならダラダラ、ズルズル付き合うのはご法度・・・だね!

イネコ_喜び

マユ、セッキョクテキニコウドウダネ、オウエンシテルゾ。

この記事を書いた人

マユと学ぶ恋愛部@編集部
恋愛メディアの運営に10年以上携わってきた編集チームが再集結。これまでにチームで制作してきた恋愛関連の記事は1万件以上。培ってきた恋愛や記事制作のノウハウを活かし、みなさまの「判断の基準」となりえる信頼性のある情報提供を目指していきます。サイト運営に対する想いはこちら

Twitter
Facebook

婚活