この記事をシェア

恋人と結婚するべき?

こんにちは!
好きな食べ物は豆大福、上原マユです。

突然ですが、

「今の恋人との結婚を迷っている」
「そもそも結婚するべきかしないべきかわからない」
「結婚するべき相手を見極めたい」
「結婚に迷いがあるならしないべきなのかも」

・・・なんてお悩みはありませんか?

ティナ_疑問

少しでも迷いがあるなら結婚やめたほうがいいのカナ? それとも勢いで結婚しちゃうべきなのカナ?

長谷川まどか_疑問

年の差だったり家柄の違いだったりがどのくらい重要なのかも気になる・・・。

そこで今回は、「恋人と結婚するべきかどうか悩んだときの判断方法」についてまとめてみました。

後から後悔しないためにも、どんな点から結婚するべきかどうかを見極めればいいのか詳しく解説していくので、ぜひ読み進めてみてください。

あなたがお悩みの場合はもちろん、同じように「結婚するべきかどうかわからない」という友達がいたら、ぜひこの記事を教えてあげてくださいね。

上原マユ_普通

それではまいりましょう〜!!

そもそも・・・結婚はするべき? しないべき?

そもそも結婚自体するべきなのかしないべきなのかと悩んでいる方も少なくないでしょう。

周りにいる既婚者の話を聞いていると、どうやら結婚って大変らしい。メディアで話題になるのもパートナーの愚痴や嫁姑問題、挙句の果てには不倫騒動ばかり・・・

そうなると結婚自体に魅力を感じられなくなってしまうのも当然ですよね。

結婚することに魅力を感じない・・・。

実際、結婚生活は大変なものです。

いくら好きな人と結婚したって、毎日一緒に生活していればお互いの嫌なところも見えてきますし、我慢しなくてはならない場面の連続。

他人と暮らすということは、自分のペースが乱されるということです。もちろん相手のペースを乱すこともあります。

好きな時間に寝て起きて、好きなときに好きなものを食べる。好きなテレビ番組を見て好きなだけゴロゴロする。エステもネイルサロンもショッピングも友達との飲み会も、好きなときに自由に楽しむ。

そんな独身であれば当たり前にできるようなことも、結婚すると簡単にはできません。

時には相手の体調や感情、気分などを考慮して行動することだって求められます。

自分がつらいときや苦しいときに頼れる相手がいるということはとても心強いことですが、同時に相手がつらいときや苦しいときには自分が背負って行かなければなりません。

「なんで私(俺)が・・・」「もっとこうしてくれれば・・・」「何度言っても直らない・・・」なんて理不尽だと思えることもいっぱい

結婚とは本当に大変なことがたくさんあるんですよね。

結婚生活は理不尽なことも多い・・・。

だったらやっぱり結婚なんてしないほうがいいんじゃないの? と思うかもしれませんが、それでも結婚はしたほうがいいです。

結婚によって大変な思いをすることがたくさんあると思いますが、楽しいことや幸せなことももちろんたくさんあります。

そして他人同士が夫婦として一緒に歩んでいく中で、確かな人間的成長も得られます

一筋縄ではいかない結婚生活を送っていくうちに価値観や世界観が広がり、だんだんと自分に奥行きが出てくるのです。

これは自分一人で生きている限りなかなか得られないものではないでしょうか。

結婚して10年、20年と時が経ったとき、きっと自分自身の成長を実感できているはずですよ

やっぱり結婚はするべき!

ちなみに結婚相手を「お金持ちだから」「イケメン・美人だから」などの表面的な条件で選ぶのはおすすめしません

好条件がそろっているからと選んだ相手でもいつかは慣れてしまってそれが普通になり、もっと上を見ては“ないものねだり”をするようになってしまいかねません。

結婚した時点では魅力的だったものが時の経過とともにどんどん衰えていってしまう可能性も大いにあります。

長い結婚生活において表面的な条件なんてほとんど意味がないものになっていってしまうということを、肝に銘じておきましょう

恋人と結婚するべきかどうか悩んだときの判断方法8つ

「恋人のことは好きだけど、本当にこのまま結婚しちゃっていいのかな?」なんて不安に感じている人は少なくないはず。

では恋人と結婚していいのかどうかを見極めるにはどんな点に注目すればいいのでしょうか?

恋人と結婚するべきかどうか悩んだときの判断方法は次の8つです。

  1. 恋人と結婚に対する懸念点を徹底的に話し合う
  2. 信頼できる人に相談する
  3. 期限を決めて同棲してみる
  4. 恋人と別れたとき・結婚しなかったときのことをイメージしてみる
  5. 数十年後の二人の姿を想像してみる
  6. 相手の幸せのために行動できるか考える
  7. 自分の“嫌い”なことを考える
  8. 自分の心に迷いがないか見つめ直す

後悔しないために、結婚するべきかどうかの判断ポイントを一つひとつ詳しく見ていきましょう!

1. 恋人と結婚に対する懸念点を徹底的に話し合う

恋人と結婚するべきかどうか悩んだときは、恋人と結婚に対する懸念点を徹底的に話し合うという方法がオススメです。

たとえば経済的な理由から結婚に不安がある場合は、お互いの貯蓄額や結婚後の働き方、生活費がどれくらいかかるのかなどを話し合ったり、結婚式は挙げないなど節約できる点を話し合ったりしてみましょう。

結婚後に仕事を続けるのかどうかで恋人と考え方に相違がある場合は、お互いに納得できる妥協点を探ってみましょう。

恋人と結婚するべきかどうか悩んだときの判断方法その1

また子どもが欲しいのかどうかについても結婚前に話し合いをしておいたほうがいいでしょう。

自分は子どもが欲しいけれど相手がそれを望まない場合、相手が子どもを望まない理由を聞いた上での解決策の提案や子どもを持つことのメリットなどを説明します。

お互いの意見を本音で出し合い、意見が違う点があれば妥協点を探り、どうしてもお互いに一歩も妥協できないとなった場合は違う道を歩むことを考えたほうが幸せかもしれません。

結婚を迷う理由が明確な場合は必ず話し合いの機会を設けましょう

「結婚する前に確認しておくべき・話し合っておくべきこと」は以下の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

知っておかないと離婚するかも!? 結婚する前に確認すること・話し合うこと

2. 信頼できる人に相談する

恋人と結婚するべきかどうか悩んだときは、親や友達など信頼できる人に相談するという方法もあります。

結婚したときの状況を詳しく聞いたり、自分が結婚に対して抱えている不安や疑問をぶつけてみたりしましょう。

恋人と結婚するべきかどうか悩んだときの判断方法その2

人の話を聞いたり自分の気持ちを話したりすることで不安が解消し、モヤが晴れることもあります。

実際に結婚を経験している人からの意見はとても参考になりますよ。

3. 期限を決めて同棲してみる

期限を決めて同棲してみるという方法も、恋人と結婚するべきかどうかを判断するのにオススメです。

同棲すれば一緒に生活を送ることになり、デートのときだけではわからない相手のさまざまな点が見えてきます

同棲生活の中で相手の金銭感覚や価値観がどんなものなのか、家事はどれくらいできるのか、生活リズムが合うのかなどをしっかりチェックしましょう。

恋人と結婚するべきかどうか悩んだときの判断方法その3

自分と合うのか合わないのかがわかったら、結婚するべきかどうかもおのずと見えてくるでしょう。

ただし同棲をするときには期限を決めることが大切です。

期限を決めずにズルズルと同棲してしまうと結婚が遅れたり結婚に至らなかったりすることも多いので、同棲をする際には必ず「半年」「1年」など期限を決めるよう注意しましょう。

4. 恋人と別れたとき・結婚しなかったときのことをイメージしてみる

恋人と結婚するべきかどうかを判断する方法として、恋人と別れたときや結婚しなかったときのことをイメージしてみるという方法もあります。

付き合いが長くなると一緒にいることが当たり前のようになってしまい、恋人のありがたみがわからなくなってしまっていることも。

そこでもしも恋人と別れたらと想像してみましょう。恋人と別れたら自分の生活はどうなるのか、具体的に想像してみます。

また恋人と結婚しなかったらどのような未来が待っているのかについても想像してみましょう

子どもは欲しいのか、他の人と結婚することはありえるのか、生活や仕事はどうなっているのかなどを考えます。

恋人と結婚するべきかどうか悩んだときの判断方法その4

「やっぱり自分には今の恋人が必要だ」と思えたのなら、恋人との結婚を考えるきっかけになるでしょう。

逆に恋人と別れたり結婚しなかったりしても楽しい未来・幸せな未来が思い描けたのなら、恋人との結婚にこだわる必要はないかもしれません。

5. 数十年後の二人の姿を想像してみる

数十年後の二人の姿を想像してみるということも、恋人と結婚するべきかどうかを判断する上で大切なことです。

子どもはいるのか、子どもをどう育てていくのか、共働きか否か、家は賃貸か持ち家か、転勤はあるのかどうかなど、今の恋人と結婚した場合、10年後、20年後にどんな生活を送っているのか具体的に思い浮かべてみましょう。

数十年後の二人の姿を想像してみて、幸せな生活が想像できれば結婚を考えてもいいでしょう

恋人と結婚するべきかどうか悩んだときの判断方法その5

しかしどう考えても幸せな生活が思い浮かばないのであれば、今の恋人との結婚はやめたほうがいいかもしれません。

6. 相手の幸せのために行動できるか考える

恋人と結婚するべきかどうか悩んだとき、相手の幸せのために行動できるか考えるというのも有効な判断方法です。

結婚生活の中では相手を思いやり、相手に合わせることも大切になります。

また思いがけない不幸や試練が待ち受けていることもあります。

そんなとき、あなたは自分のしたいことを我慢してでも相手の幸せのために行動することができますか?

恋人と結婚するべきかどうか悩んだときの判断方法その6

相手がケガや病気をして働けなくなったときに自分が一人で働き家計を支えられるか、相手の親や相手自身に介護が必要になったときに自分の自由を我慢してでも介護ができるかなど、考えてみましょう。

人生がどん底になったときでも「この人となら乗り越えられる」「この人のためなら頑張れる」「この人なら一緒に頑張ってくれる」と思えるかどうかを考えてみると、恋人の容姿や年収、社会的地位などにとらわれず、恋人の人間性だけに目を向けることができます。

自分を犠牲にしてでも相手の幸せのために行動できると思うのであれば、結婚しても間違いなく幸せになれるでしょう。

7. 自分の“嫌い”なことを考える

恋人と結婚するべきかどうかを判断するのに、自分の“嫌い”なことを考えるという方法も有効です。

結婚生活を送る上では、相手の好きな部分よりも嫌いな部分のほうが重要になってきます

「好き」という感情は数年も経てば落ち着いてしまい、その後は欠点ばかりが目につくようになる恐れもあります。

結婚相手としてふさわしいかどうかを見極める際には、自分の譲れない「嫌い」なことを明確にし、恋人がそれに当てはまっていないかを確認しましょう。

恋人と結婚するべきかどうか悩んだときの判断方法その7

たとえば「ギャンブルをする人、借金のある人は嫌い」「清潔感のない人は嫌い」「上から目線な俺様は嫌い」「酒癖の悪い人は嫌い」など。

「好き」と違って「嫌い」に慣れることはそうそうありません。むしろ時が経つにつれて嫌いな部分はどんどん目につくようになっていき、いずれ我慢ができなくなります。

だからこそ結婚相手を選ぶ際には、どんなに好きな相手でも自分の譲れない「嫌い」だと思う条件に当てはまっていないかどうかを見極めることが大切です。

今は「好きだから」で我慢できることも、結婚して何年か経って「好き」が落ち着いたころ我慢できなくなります。

恋人との結婚を迷っている方は、恋人の「好き」な部分ではなく「嫌い」な部分に目を向けてみましょう。

また女癖の悪さや酒癖の悪さ、ギャンブル癖などはいつか治るようなものではありません

「結婚したらきっと変わってくれるはず」という考えは間違い。

恋人を好きかどうかは別にして、あなたがそれらの欠点を客観的に見て「どうしても嫌い」だと思うのであれば結婚は思いとどまったほうがいいでしょう。

8. 自分の心に迷いがないか見つめ直す

自分の心に迷いがないか見つめ直すことも、恋人と結婚するべきかどうかを判断する上で重要なことです。

恋人との結婚を考えたときに自分の心に迷いがないかどうかをよく見つめ直してみましょう。

やり残したことはないか、年齢や世間体を気にしていないか、恋人の欠点で気になることがないかなどを今一度自分の心に確認してみます。

恋人と結婚するべきかどうか悩んだときの判断方法その8

少しでも迷いがあるのなら、今は結婚をするべきタイミングではありません。

迷いがあるまま結婚しても、必ず後悔するときが来ます

明確な理由があるわけではないけれど結婚に迷いがある・・・という場合は、第六感が危険を知らせているのかもしれません。

また頭では「結婚したい」と思っていても、心や体が「したくない」と言っている場合も考えられます。

現代人はどうしても頭の判断に従って行動してしまいがちですが、結婚には「愛」や「気持ち」といった感情も重要になってくるもの。

恋人から「会いたい」と言われて嬉しいと感じるか面倒だと感じるか、恋人に触れられたときに心地いいと感じるか気持ち悪いと感じるか、心や体に聞いてみましょう。

結婚はその後の人生を左右しかねない重大なイベントだからこそ迷うのも当然ですが、実は運命の相手との結婚には一切の迷いも生じないものなのだそうです。

相手が自分にとっての運命の人なのかどうかを見極めたい方は、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

言葉にはできない“何か”を感じる? 「運命の人」の特徴と出会う前兆11つ

まとめ

「恋人と結婚するべきかどうか悩んでいる」という方のために恋人と結婚するべきかどうか悩んだときの判断方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

不安に思っていることがあればうやむやにしないで相手と話し合い、自分の心や体の声にも耳を傾けてみましょう

あなたの結婚に対する迷いがスッキリと消えますように!

ティナ_普通

後悔しないためにも、少しでも迷いがあるときは結婚するべきかどうかちゃんと考えたほうが良さそうですネ☆

長谷川まどか_普通

「結婚生活を送る上では相手の好きな部分よりも嫌いな部分のほうが重要」っていうのはほんとそうかもしれないね。

上原マユ_普通

今の恋人が結婚するべき人どうかかしっかり見極めて、後悔しない素敵な結婚生活を送りたいですね!

イネコ_普通

マユ、モシ違和感ヲカンジタトキハ結婚スル前二シッカリ立ち止まってカンガエテ、後悔ノナイヨウニナ!