この記事をシェア

こんにちは!
好きな食べ物は豆大福、上原マユです。

今回は、東京生まれの日本の小説家、樋口一葉の恋愛名言をまとめてみました。

偉人・著名人の言葉から、恋愛について学んでいきましょう!

上原マユ_普通

それではまいります!!

樋口一葉について

樋口一葉
出典:樋口一葉 – Wikipedia

樋口一葉(本名:樋口奈津)は、東京生まれの日本の小説家です。肺結核により、24歳6か月で人生の幕を閉じました(1872年5月2日〜1896年11月23日)。

現在の東京都千代田区の長屋で生まれ、幼少時代から読書を好み、7歳の時に曲亭馬琴の『南総里見八犬伝』を読破したと伝えられています。高等科第四級を首席で卒業するも、母の多喜(あやめ)が「女性に学業は不要」という考えであったため、上級に進学することはできませんでした。

父の為之助(則義)は娘の文才を見抜いており、知人の和田重雄のもとで和歌を習わせ、その後、中島歌子の歌塾『萩の舎』に入門させました。

代表作は、『たけくらべ』『にごりえ』『十三夜』など。

近代以降では最初の職業女流作家で、五千円紙幣に採用されています。女性としては神功皇后以来、二人目です。

五千円紙幣
出典:樋口一葉 – Wikipedia

樋口一葉の恋愛名言

切なる恋の心は尊きこと神の如し。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

ぜひあなたにピッタリのお気に入りの恋愛名言が見つけてくださいね♪