こんにちは!
好きな食べ物は豆大福、上原マユです。

今回は、カトリック教会の修道女で修道会『神の愛の宣教者会』の創立者、マザー・テレサの恋愛名言をまとめてみました。

偉人・著名人の言葉から、恋愛について学んでいきましょう!

上原マユ

それではまいります!!

マザー・テレサについて

マザー・テレサ
出典:マザー・テレサ – Wikipedia

マザー・テレサ(Mother Teresa)は、カトリック教会の修道女、修道会『神の愛の宣教者会』の創立者です。満87歳で人生の幕を閉じました(1910年8月26日〜1997年9月5日)。

彼女の活動は生前から評価されており、テンプルトン賞(1973年)、ノーベル平和賞(1979年)、バーラト・ラトナ賞(1980年)、エリザベス2世から優秀修道会賞(1983年)などを受賞しています。1996年にはアメリカ名誉市民にも選出されました。

※『バーラト・ラトナ賞』はインド国民に与えられる最高の賞
※アメリカ名誉市民はわずか7人

「マザー」は指導的な修道女への敬称で、「テレサ」は修道名です。

マザー・テレサの恋愛名言

世界で一番恐ろしい病気は、孤独です。

いずれにせよ、もし過ちを犯すとしたら、愛が原因で間違った方が素敵ね。

今、この瞬間幸せでいましょう。
それで十分です。
その瞬間、瞬間が、私たちの求めているものすべてであって、他には何もいらないのです。

私たちは、この世で大きいことはできません。
小さなことを大きな愛をもって行うだけです。

遊ぶ時間を持ちなさい。
愛し、愛される時間を持ちなさい。
与える時間を持ちなさい。

それは永遠につづく若さの秘密。
それは神が与えてくれた特権。
自分勝手になるには、一日は短すぎる。

銃や砲弾が世界を支配していてはいけないのです。
世界を支配していいのは、愛なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

ぜひあなたにピッタリのお気に入りの恋愛名言が見つけてくださいね♪