この記事をシェア

こんにちは!
好きな食べ物は豆大福、上原マユです。

今回は、フランスの女流作家、ジョルジュ・サンドの恋愛名言をまとめてみました。

偉人・著名人の言葉から、恋愛について学んでいきましょう!

上原マユ_普通

それではまいります!!

ジョルジュ・サンドについて

ジョルジュ・サンド
出典:ジョルジュ・サンド – Wikipedia

ジョルジュ・サンド(George Sand)は、フランスの女流作家です。満71歳で人生の幕を閉じました(1804年7月1日〜1876年6月8日)。

男装して社交界に出入りするなど、フェミニストの先駆け的存在としても知られています。結婚し1男1女をもうけたがのちに別居し、その後は多くの男性と恋愛関係になりました。

本名はアマンディーヌ=オーロール=リュシール・デュパン(Amandine-Aurore-Lucile Dupin)、デュドヴァン男爵夫人(Baronne Dudevant)。ペンネームは「サンド」。

代表作は、『愛の妖精』『魔の沼』『黒い町』など。

ジョルジュ・サンドの恋愛名言

愛せよ。人生においてよいものはそれのみである。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

ぜひあなたにピッタリのお気に入りの恋愛名言が見つけてくださいね♪