この記事をシェア

こんにちは!
好きな食べ物は豆大福、上原マユです。

今回は、フランスの小説家、伝記作者、評論家、アンドレ・モーロワの恋愛名言をまとめてみました。

偉人・著名人の言葉から、恋愛について学んでいきましょう!

上原マユ_普通

それではまいります!!

アンドレ・モーロワについて

アンドレ・モーロワ
出典:アンドレ・モーロワ – Wikipedia

アンドレ・モーロワ(André Maurois)は、フランスの小説家、伝記作者、評論家です。満82歳で人生の幕を閉じました(1885年7月26日〜1967年10月9日)。

ユダヤ系フランス人で、本名はエミール・サロモン・ヴィレルム・エルゾグ(Émile Salomon Wilhelm Herzog)。

代表作は、『天使と野獣 Ni ange ni bête』『ショパン Chopin』『幸福な結婚 Sept visages de l’amour』『回想録 Mémoires』『ジョルジュ・サンドの生涯 Lelia ou la vie de George Sand』など。

アンドレ・モーロワの恋愛名言

一つのまなざし、一度の握手、 いくぶん脈のありそうな返事などによってたちまち元気付くのが 恋をしている男女なのだ。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

ぜひあなたにピッタリのお気に入りの恋愛名言が見つけてくださいね♪