こんにちは!
好きな食べ物は豆大福、上原マユです。

今回は、ロシアを代表する劇作家、アントン・チェーホフの恋愛名言をまとめてみました。

偉人・著名人の言葉から、恋愛について学んでいきましょう!

上原マユ

それではまいります!!

アントン・チェーホフについて

アントン・チェーホフ
出典:Anton Chekhov – Wikipedia

アントン・チェーホフ(英文表記:Anton Chekhov)は、ロシアを代表する劇作家、短編小説家です。満44歳で人生の幕を閉じました(1860年1月29日〜1904年7月15日)。

「長編こそが小説である」いう風潮が強かった19世紀末にロシア文学史に、短編小説で革命を起こした人物と言われています。

代表作は、小説『退屈な話』『曠野(こうや)』『六号室』、戯曲『かもめ』『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』など。

アントン・チェーホフの恋愛名言

男と交際しない女は次第に色褪せる。女と交際しない男は次第に阿呆になる。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

ぜひあなたにピッタリのお気に入りの恋愛名言が見つけてくださいね♪